about

 

“創作して生きる”

“生き方と仕事を繋げる”

この成立を志し、山に入った。

何かに保証を求めるよりも、自分の感性と価値観を信じて行動する道を選んだ。

知識も道具も、家もない。

ただ布団を車に詰め込み、解体用のバールを3本だけ持参し、まずは廃屋を一人壊し続けた。

世の中の矛盾に対する怒りも、生きるエネルギーも、味わう喜びも、人生のすべてをかけて山に籠もり、家を壊し、家をつくり、そしてモノをつくった。

技術が先ではない。

発想が先である。

それを表現する術は、あとから模索していった。

要領悪く、失敗を繰り返し。

俺は一人でもやってやる!

そんな想いを表現したい。

それが、このhermitには込められている。

 

 

LRM_EXPORT_20180610_212313

wood art hermit

高江 友作